無添加の洗顔石鹸って本当に無添加なの?

当サイトでもたくさんの洗顔石鹸をご紹介していますが、「無添加」という表記の洗顔石鹸も少なくありません。

洗顔石鹸を使う時に気になるのは「添加物」などの刺激物が入っているかどうか。

特に敏感肌やニキビ肌などお肌トラブルで悩まされている方は、この「無添加洗顔石鹸」という言葉に魅力を感じる事も多いのではないでしょうか?

ただ無添加と表記されていても、大抵の場合は合成界面活性剤が含まれています。

これは洗浄力をアップさせる為には必要なものですので、ある意味仕方のない事かな、と思います。

合成界面活性剤が含まれているならお肌に良くないよね?

こう思われている方も非常に多いです。

でも合成界面活性剤が入っているからと言って、お肌に悪いわけではありません。

まずこの「無添加」という表記についてなのですが、実は何か一つでも含まれていなければ表記して良い!という事になっています。

ですから無添加洗顔石鹸と謳っていても、本当の意味での無添加洗顔石鹸ではない、という事になるのです。

ではどんな洗顔石鹸を選ぶのが良いのでしょうか?

それは・・・化学的な成分が無添加な洗顔石鹸を選ぶのが良いでしょう。

なかなか細かい成分まで確認をして洗顔石鹸を購入する方も少ないと思いますが、無添加表記をしてあるかどうか?ではなく、保湿成分、美容成分などがしっかりと配合されている洗顔石鹸を選ぶようにしたいところです。

ただドラッグストアなどで売られている市販の純石鹸(石鹸素地以外の成分がほとんど入っていないもの)などは数百円で購入出来ます。

その反面、当サイトでご紹介しているような洗顔石鹸では1500円~2000円ほどはします。

「洗顔石鹸に数千円は高い・・・」

と思われる方も多いかもしれませんが、数百円の石鹸を使うと必ずと言っても良いほど「保湿」をしなくてはなりません。

この理由はドラッグストアなどで売られている市販の石鹸には「保湿成分」が入っていない為、洗顔後は乾燥してしまいます。

中にはスキンケア化粧品として数万円もする化粧水などを使っている方もいるかと思いますが、それでしたら保湿もしっかりしてくれて、その他にも美容成分も含まれている洗顔石鹸を使うのも一つの選択だと考えます。

こう考えると、2000円前後の洗顔石鹸は特別に高いわけではない、という事が分かってもらえるのではないでしょうか。

当サイトでもオススメの無添加洗顔石鹸をご紹介しています。様々なお肌トラブルを解消してくれる!と人気の洗顔石鹸ばかりですので、無添加洗顔石鹸をお探しの方はご参考にどうぞ^^

関連記事