洗顔石鹸の使い方と注意点とは?

洗顔石鹸は正しい使い方をしなくてはお肌にとって逆効果になる事もあります。

ココでは洗顔石鹸の基本的な使い方と注意点をまとめてみたいと思います。

どんな洗顔石鹸を使うとしても、基本的な使い方は変わりませんので正しい洗顔石鹸の使い方を行ってくださいね^^

洗顔石鹸の正しい使い方

①洗顔石鹸を両手の上で10回~20回ほど転がします。

②手のひら同士を合わせて円を描く様にして手のひらに泡を集めます。

③その手のひらに水、もしくはぬるま湯を加えながらゆっくりと泡立てます。

④洗顔石鹸によっては泡立ちが悪い物もありますので、この時は泡立てネットを使うのが良いです。

⑤フワフワ泡が出来たら顔を包み込むようにして洗顔します。
※この時、絶対にゴシゴシと洗わない事。泡だけで洗うようなイメージが大切です。

⑥出来ればぬるま湯で泡を洗い流します。
※耳の裏などすすぎ残しの多いところは注意をしてしっかりと洗い流しましょう。

⑦最後にタオルなどで拭き取ります。
※この時もゴシゴシとやってはダメ!ポンポンと叩くようにして拭き取りましょう。

これが洗顔石鹸の正しい使い方になります。

洗顔石鹸と使う注意点として大切なのは、
 しっかりと泡立てる事
 泡で洗顔する事
 拭き取りもゴシゴシやらない事
という事ですね。お肌に刺激を与えないように優しく洗顔をしてくださいね。

関連記事

2015-05-06 洗顔石鹸の使い方と注意点とは? はコメントを受け付けていません。 洗顔石鹸の使い方