洗顔方法を見直すのが美肌へは大事

gk064_l1-300x225

洗顔と言うのはスキンケアの中でもお肌へのダメージが出やすいものです。メイク落としに使ったり、皮脂や毛穴の汚れを取ってくれるスキンケアになりますので、あまりにも洗浄力の強い洗顔石鹸を使う事でお肌に大きなダメージを与えてしまう事にもなるのです。

最近の洗顔石鹸と言うのは、モコモコ泡でしっかりと汚れを落としてくれます。でもその「洗浄力」は界面活性剤を使っているケースが多くなっていますので、少しずつお肌のバリア機能が崩れてきてしまうのです。

この為、お肌が荒れてきたり、乾燥してしまったり。

こうなってからでは美肌どころか、お肌の調子がどんどん悪くなってしまいますので、美肌へ戻す為には洗顔方法や洗顔石鹸を見直す事が非常に効果的なのです。

ではどんな洗顔石鹸を使うのが美肌への近道なのでしょうか?

界面活性剤を見極める!

化粧品や洗顔石鹸には必ずと言っても良いほど界面活性剤が含まれています。この界面活性剤がお肌へ悪影響を与える、と言われているのですが、洗顔石鹸にも多い石油系の界面活性剤が含まれていないものを選ぶ!と言うのが理想的だと思います。

美肌を取り戻す為に、石油系の界面活性剤が含まれていない洗顔石鹸を選ぶのも大切な事ですね。

そして徐々にお肌が健康になってきたら、保湿力の強い洗顔石鹸などを使って日々のスキンケアを行うとお肌の乾燥からも守れます。

無添加の洗顔石鹸などにも界面活性剤は含まれているものですので、入っているか?いないか?ではなく、どんな界面活性剤が含まれているのか?という事に重視して美肌を取り戻す洗顔石鹸を選んでくださいね。

関連記事