弱アルカリ性の洗顔石鹸はお肌にはダメ?

洗顔石鹸など洗浄料を選ぶ時に、出来るだけお肌に優しい物を選びたいと思いますよね。

当サイト「洗顔石鹸は弱酸性の物を選ぶのが良いの?」でもお伝えしていますが、弱酸性と弱アルカリ性の洗顔石鹸を比較しても、どちらが一概に良い!という事は言えません。

弱アルカリ性だからお肌には良くない・・・という訳ではないのです。

弱アルカリ性の洗顔石鹸でも、洗い流すと皮膚表面はほぼ中性の状態に戻ります。そして酸性である皮脂などが分泌される事でお肌は自然と弱酸性に戻ってくれるのです。

お肌の調子が良い場合は、弱アルカリ性の洗顔石鹸で洗顔を行ってもそこまで問題はない、と言えるのです。

しかし汚れをキレイに落としたい!からといって、洗顔のしすぎはNG。お肌の乾燥やお肌に必要なものまで洗い流してしまいますので、様々なお肌のトラブルに繋がってしまうのです。

弱酸性、弱アルカリ性の洗顔石鹸を使うかどうか?という事も大切ですが、正しい洗顔方法を行う事にも気をつけたいところですね。

お肌にやさしい洗顔石鹸」についてまとめてありますので、こちらもご参考にどうぞ^^

関連記事